仕方なく遠距離恋愛をすることになりました。

私が遠距離恋愛をすることになった彼氏を紹介してくれたのは昔から親しかった友人です。普段使用するメールや電話以外にもミクシィでのマイミク関係のことで近況はそれとなく把握しています。でも最近ではミクシィのような既存のSNSより、FACEBOOKに登録する知人が増えています。そんな状況の中、FACEBOOKで彼氏を紹介いてくれた知人を発見しました。近頃はミクシィの更新より写真がメインのFACEBOOKのほうがいろいろとタイムリーだと言うので私は早速友達申請を・・・と思いましたがその前に彼女が公開している自己紹介や写真を覗いてみたら、信じられないことに、そこには、その友人と私の遠距離恋愛中の彼氏がキスをしている写真がありました!!彼氏はFACEBOOKはしていないと思うけれども・・・と私は驚きながらも、写真のことは何も言わないで彼女に友達申請をしました。ですが何日経っても友達申請は受け入れてもらえない状態でした。しっかりと例のキス写真は削除されていてつぶやきらしい更新はあるけれども何の音沙汰もありませんでした。ネットを通して何の躊躇もなく疑われる言動をアピールする彼女と、そのことに気付かない彼氏を見ていたら、私は人付き合いの重要性を久しぶりに見つめ直すことになりました。そんなことから遠距離恋愛の彼氏とは別れて、今は素敵な新しい彼氏と友人に祝福されて穏やかな日々を送っています。

2度目の恋愛は遠距離恋愛でした。

交際していた彼の複雑な家庭の事情で、人生2度目の恋愛は遠距離恋愛となってしまっていました。
当初こそ毎日欠かさずメールを交わし、週に3度は電話で声を確かめ、月に1度のデートを生き甲斐に、何とか1年間交際が続いていました。
ですがやはり思うように会えない恋愛に対する不満が募り、次第に私は彼に冷たく強くあたるようになってしまったのです。

そんな自分自身が許せず、何より彼に申し訳無く、毎日夜布団の中で涙にくれるばかりでした。
不安定な精神状態でしたから、当然仕事にも身が入らず、ある時大きなミスをやらかしてしまい、同僚の先輩社員に庇って貰う事があったのです。
その事がキッカケでその男性社員と親しくなり、恋愛の悩みの相談にも乗ってもらいました。
程無くその同僚から交際を申し込まれましたが、私は遠距離恋愛の彼の事を思い、即答は出来ませんでした。
とても優しいその人に次第に惹かれつつ、半年ほど宙ぶらりんの心と向き合う毎日を過ごしました。

ですがある日遂に、優しい誘いに流されてしまい、同僚の彼と一夜を過ごしてしまったのです。
取り返しのつかない事をしてしまった・・・私は翌日辞表を提出し、遠く離れた彼の元へ行く決意をしたのでした。
あれから6年の歳月が流れ、今はその彼と無事に結ばれ、子宝にも恵まれて平和に暮らしていますが、あの日のたった1度の過ちを夫は知りません。
私の胸の奥底の一生の後悔です。

かつての遠距離恋愛を振り返って。

もう10年前の事ですが、当時札幌在住だった私の彼は大阪住まいという遠距離恋愛でした。
互いに休暇を取って飛行機で互いの街まで会いに行く、決して高額では無かったけれど指輪をプレゼントされたりと、彼が私を想ってくれている事が「毎日の支え」と言って間違いありませんでした。
「いつか大阪で一緒に暮らそう」の言葉を信じ、その日の訪れを生き甲斐に頑張っていたのですが、全て「嘘」だったのです。

彼には大阪に浮気相手と言うか、もしかしたらその女性の方が本命だったのかも知れません。
そんな悲しい現実を知るキッカケとなったのが、彼に電話した丁度その時、浮気相手と一緒だったのです。
更に悲しくショックだったのが、その相手の女の子の事を私は知っていたのです。
年は1歳下の当時高校生で、直接会った事こそありませんでしたが、彼から話を聞かされていたのです。
それにしてもそんな状況の中、堂々と電話に出た彼の神経が理解出来ませんでした。

「2人だけで何度も会っている」「実は俺は多重人格で者で、そんな中の1人が彼オンナを好きで」など、次第に意味不明な方向に向かって行く彼の言い訳を、とてもマトモに聞き続ける気にはなれませんでした。
悲しみや怒りすらも覚える気になれず、電話を切った直後に着信拒否設定にして、速攻で一方的に別れてやりました。
それにしても「自分は多重人格者だ」とは、あまりにも情けない言い訳だったと、あれから随分時が経った今も呆れるばかりです。

10年ほど前に当時遠距離恋愛をしていました。

10年前に私は札幌で、彼は大阪だという遠距離恋愛をしていました。休みを取って飛行機で会いにいったりしていました。
安物だったのですが彼から指輪をもらったりしていて、私のことが一番好きで大阪で一緒に暮らそう等いろいろ言ってくれていました。でも実は近くに浮気相手がいたのです。
電話をすると、そこにちょうど浮気相手の女性がいたのです。(電話に出るなよ・・・と思ったのですが出なかったら怪しまれると思ったらしく出たそうです。)
浮気相手の女性は会ったことはありませんでしたが、知っている人でした。私よりも1歳年上の彼ですが浮気相手の女性は女子高生だったのです。そしていろいろ問い詰めた結果は、二人でカラオケに行ってきた帰りだと言ってました。でも、これが初めてではなく今まで何度も二人きりで会ってると言われたのです。
二股をかけているように思うかもしれないが自分は多重人格で私と浮気相手の女性を好きな人格は別であって、私のことを好きな人格がメインの人格なので、浮気相手の女性には手を出していないとかいろいろ言い訳をしていました。私が大阪にきて一緒に暮らすことになったらバレることだから今話しておくとも言っていました。
そういう風に電話で言われて、私は速効彼とは別れました。
携帯電話とメールの着信拒否の設定をして、その後一切連絡はとっていません。それにしても酷い言い訳だと思いました。

彼氏のお母さんの電話対応が不自然でした。

今から遠い昔の話ですが・・・
当時、長い遠距離恋愛を続けていた彼に、ひさしぶりに電話をした時に、彼のお母さんの電話の対応に「あれ?」と感じる何かがありました。その時は単なる「あれ?」で終わりましたが、その次にまた久しぶりに電話した時に勇んで出てきた彼が思わず発した言葉が「・・・何だ、君か」でした。
その後、何事もないように会話は続きました。他に(遊びかもしれないけれど)誰かがいるなと思ったのです。もの凄く好きな人でしたが、遠距離だったことや、長い年月の付き合いだったために、聞くのが怖くてとりたてて追及もしませんでした。でも、その頃から何となく冷たくなって、その後あれこれあって、彼の方から別れを切り出してきました。悩んでいると、また彼の方から復縁を言われたりで、私は疲れ果てました。その後私が病気になったことで人生観が変わってしまい、彼の幸せのために身を引く気持ちから、彼から何度目かに切りだされた別れを受け入れて、辛かったですが思い切って別れたのです。
その後、今の主人と出会って結婚しようと思ってる時に再度彼から復縁を迫られて、結婚しようと思っている人がいる、病気でも良いと言ってくれていると告げて、その復縁の申し出を断った時に初めてと言っていいほど愛の告白をされて、プロポーズまでして来て、かなり困ったのです。その時に過去に浮気もしたことがあったと反省して謝られました。ですが、もう後の祭りで私の気持ちは揺らがず、ストーカー化しないように別れました。

ニセ探偵の浮気調査詐欺に要注意!

〜詐欺の手口〜

浮気調査 詐欺マンガ1


浮気調査 詐欺マンガ2

どの探偵社に相談すればいいの?

詐欺まがいのニセ探偵社を避けるには、大手の探偵社を選ぶのが無難です。

全国対応の大手探偵3社 比較表

名称 原一探偵事務所 MRレディース相談室 HAL探偵社
実績
[ 調査件数 ]


創業41年(1974〜)
[70,000万件〜]


創業11年(2003〜)
[年間1580件〜]


創業4年(2011〜)
[9000件〜]

規模
[ 社員数 ]


16拠点
[ 約120名 ]


16拠点
[ 約70名 ]


11拠点
[?]

料金
(明朗会計)


80,000円〜/1日
(経費込み)
+基本料金40,000円


〜8,000円×人※/1時間
(経費込み)
※調査に必要な人数


6,000円〜×人※/1時間
(経費
※調査に必要な人数

総評 実績・規模とも安心の老舗。
料金体系もわかりやすい。
カウンセリング重視の相談室。
調査費用がやや曖昧。
比較的新しい探偵社。
必要人数・経費が曖昧。

総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜の、8万円で済むのはかなり簡単な調査に限られます。一般的な調査では20万/1日はかかると考えた方がよいです。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら